トップページ  ≫  学校法人巨樹の会 各校のご紹介  >  令和健康科学大学

令和健康科学大学

令和健康科学大学外観

看護学部看護学科:定員80名(男女)
リハビリテーション学部理学療法学科:定員80名(男女)
リハビリテーション学部作業療法学科:定員60名(男女)

住所

〒811-0213
福岡市東区和白丘2丁目1番12号

TEL

092-607-6701

HP

https://www.rhs-u.ac.jp

学長あいさつ

令和健康科学大学 学長 西村 泰治

令和健康科学大学
学長 西村 泰治

 本学は「健康」について、科学的に教育ならびに研究することを目的とする4年制の新設大学であり、患者や障がい者の治療やリハビリテーションに加えて、「健康」の増進に寄与する医療専門職である看護師、理学療法士ならびに作業療法士を育成します。この大学設置の趣旨により、本学を「令和健康科学大学」と命名し、令和4年4月に開学いたします。
 健康の重要性は年々増大し、全ての国民が元気に活躍し続けられる「人生100年時代」と、住み慣れた地域で継続的に安心して暮らせる社会の確立が期待されています。一方で、医療の高度化と多様化という昨今の社会の変化を踏まえると、社会はより質の高い医療専門職を求めています。学校法人巨樹の会は、このような社会からの強い要請に基づいて、福岡看護専門学校と福岡和白リハビリテーション学院の2校を閉校し、令和健康科学大学を新設します。
 本学の特色の一つは、医療系専門職間の連携能力を高める教育の充実です。将来における、健康の保持と増進ならびに介護のためには、地域包括ケアなどにより医療・保健・福祉の連携を充実させることが重要な課題ですが、これを担う人材が不足しているのが現状です。本学は、この課題の解決を担うことにより、社会に貢献したいと考えています。このために、1年次から4年次にかけて全学科共通科目として「専門職連携教育」を配置し、専門職連携の能力が体系的に身につくようにカリキュラムを構築しました。
 第2の特色は、九州屈指の「シミュレーションセンター」を設置することです。臨床実践力の向上を目的として、患者の症状を再現した人体モデルを活用し、また、ICTとeポートフォリオなどの情報システムをフルに活用する教育により、自主的な学修を支える環境の整備と共に、COVID-19感染や自然災害時にも対応できる万全な遠隔教育体制を整えます。
 私達は、「自分自身のキャリアパスを開拓するために令和健康科学大学で学ぶ」と言う強い意欲を持った皆様方を歓迎します。一緒に学びましょう。豊かな未来を切り開く令和健康科学大学は、一人一人が持つ個性と才能を開花させるために、全力で皆様方をサポートします。